メインイメージ メインイメージ

しじみの味噌汁にはどんなメリットがある?

しじみは栄養が豊富

栄養豊富なしじみの調理法は、炊き込みご飯や佃煮などいろいろありますが、味噌汁にするのが最も一般的でしょう。簡単に作れてコハク酸やグルタミン酸などの旨味成分がいいダシになり、美味しい味噌汁が作れます。
しじみの味噌汁は美味しいだけではなく、さまざまな健康効果が期待できるもの。このようなしじみの味噌汁、どのようなメリットがあるのでしょうか?

しじみの味噌汁のメリット

しじみにはオルニチンをはじめとするアミノ酸がバランス良く含まれ、ビタミン・ミネラルも豊富です。砂抜きなどの手間はかかるものの、味噌汁なら簡単に作れます。
しじみの味噌汁を飲むことで得られるメリットを、順にご紹介しましょう。

二日酔い防止

しじみには遊離アミノ酸のタウリンが豊富に含まれ、二日酔いの防止に効果があります。
アルコールは酵素の働きで肝臓で分解されます。タウリンはこの酵素の働きを助けて、分解を促進する作用があるのです。
また、タウリンには体内の機能を一定の状態に保とうとする働きがあり、機能の低下した肝細胞の再生を助ける作用があります。肝機能が正常になることで、アルコールの分解も促進され、二日酔いの症状を予防することができるでしょう。

疲労回復

しじみに含まれるオルニチンで、疲労回復効果を得ることもできます。肝臓の解毒作用が低下すると、処理しきれない有害物質のアンモニアが体に疲労感を与えることに。オルニチンは肝臓でアンモニアと結びつき、無害な尿素へ変える働きをするのです。肝臓の解毒作用が促進されることで、疲労回復効果が発揮されるでしょう。
また、しじみにはアミノ酸がバランスよく含まれ、エネルギー源となるアスパラギン酸、グルタミン酸も豊富です。どちらも速効性があり、疲れを素早く取り除いてくれるでしょう。

抗酸化作用

しじみにはビタミン類も豊富で、そのひとつにビタミンEがあります。ビタミンEは抗酸化作用があり、体内に増える活性酸素を除去して細胞の酸化を防ぎます。とくに脂溶性のビタミンEは体内の脂肪分の多いところで働き、脂肪が多く含まれる動脈や細胞膜などで効果を発揮、老化防止に役立ちます。

美肌効果

しじみには美肌効果のあるビタミン・ミネラルが豊富です。ビタミンB群は代謝の促進に働き、肌のターンオーバーを正常にするもの。バランスの取れたアミノ酸は、肌のハリや弾力を生み出すコラーゲン生成に欠かせません。
また、しじみには成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸・アルギニンも含まれています。さらに、オルニチンは肝臓でアンモニアを尿素に変える過程でアルギニンへと変化するもの。これらアルギニンの効果で成長ホルモンの分泌が促されます。成長ホルモンの分泌が良くなることで肌の再生が促進され、美肌効果が高まるでしょう。
オルニチンを3週間摂取した臨床試験では、オルニチン摂取によって肌の状態が改善したという結果が得られています。

安眠効果

しじみはアミノ酸スコアが100という、必須アミノ酸のバランスがパーフェクトな食材です。その中のひとつであるトリプトファンは、精神安定効果のあるセロトニンを生成します。セロトニンは夜になると体内時計を調整するメラトニンというホルモンに代わり、質の良い睡眠へと導くもの。安眠効果で、ストレスも解消されるでしょう。

育毛効果

しじみに含まれるアルギニンが成長ホルモンの分泌を助けることで、育毛にも効果が期待できます。成長ホルモンは人の体を構成するタンパク質の生成に関わり、髪のケラチン合成にも働くのです。さらに、しじみには代謝を促すビタミンB群や血行を良くするタウリンが含まれているので、頭皮の血行を促し、育毛効果を高めるでしょう。

汁だけでなく身も食べること

しじみの味噌汁はエキスが重要ということで、汁だけ飲んで身は捨ててしまう人もいます。これは非常にもったいないこと。確かに汁にはしじみの栄養分がしっかり溶け出していますが、身の部分にも栄養は残っているのです。汁も身も丸ごと摂ることで、その効果をしっかり得ることができるでしょう。

まとめ

しじみの味噌汁にはたくさんのメリットがあることをお伝えしました。殻ごと調理できるので、簡単に作れるのもいいですね。お酒を飲み過ぎた朝などには、しじみの味噌汁をたっぷり飲んで、元気を取り戻しましょう。

関連コラム一覧