メインイメージ メインイメージ

しじみに含まれるオルニチンを徹底検証

しじみにはオルニチンが豊富

しじみはアミノ酸やビタミン・ミネラルがバランスよく含まれた食材です。その中で特に注目されているのがアミノ酸のオルニチンで、しじみといえばオルニチンと言われるほど。オルニチンを主成分にしたしじみサプリも販売されています。この記事では、しじみに豊富なオルニチンについて、その効果を掘り下げてみました。

オルニチンの効果

オルニチンは遊離アミノ酸の一種です。他のアミノ酸のようにタンパク質を構成することはありませんが、細胞や血液中などに蓄えられて単独で働き、主に肝臓で重要な役割を果たす成分です。
具体的にどのような効果を発揮するのか、順に見ていきましょう。

疲労回復

オルニチンには疲労回復効果があります。たんぱく質を分解する過程で、肝臓には有害物質のアンモニアが発生します。このアンモニアは疲労の原因になるもの。肝臓には解毒作用がありますが、それがうまく働かないとアンモニアが蓄積して、体に疲れが出てしまうのです。オルニチンは肝臓でアンモニアと結びつき、無害な尿素に変えて排出するという働きをします。
疲労の原因となるアンモニアを排出することで、疲れがたまりにくくなるでしょう。
また、アンモニアの解毒作用が促進されることで、飲酒後のアルコール性疲労も防ぐことができます。

美肌効果

オルニチンがアンモニアを無害な尿素に変える過程で、オルニチンはアルギニンへと変化します。このアルギニンは成長ホルモンの合成に関わるアミノ酸で、成長ホルモンの分泌を促すことが期待できるのです。成長ホルモンの分泌が活発になることで細胞の代謝が高まり、肌のターンオーバーを促進します。

まとめ

しじみに含まれているオルニチンについて解説しました。しじみをこまめに食べることでもその効果を得ることはできますが、より積極的に摂取したい場合は成分が凝縮されたサプリも販売されています。二日酔いになりやすい人、疲れやすい人はそちらを試してみるのもいいですね。

関連コラム一覧